FC2ブログ

たつの市御津中「指導死」事件 №3

2014.5.8 嘘を吐き続ける、学校・教育委員会

5.7 秋田取材・大阪天王寺テレビ収録・よろず相談を終え御津の
万壽本拓也君の遺族宅へ赴く、拓也君の万壽本武司さん他
遺族4名はすぐに
 テレビ朝日「真実の行方」を見ました。学年主任・校長・教頭
 教育委員会の課長何で嘘ばかり言うの。学校・教育委員会の人は
 私達や飛松さんの前でははっきり『拓也の自殺は学校・先生の
 責任や、そのことを調査委員会を設置してはっきりさせます』と
 言ったのに今日まで何の連絡もない。本当に絶対許さない

と強く私に訴えた

私は調査依頼を受けた3月14日より調査し、即、学校・教育委員会
警察の組織ぐるみの不作為の殺人事件と扱い将来の裁判に備え
聞取り相手に対しても証拠保全・任意性・信用性の確保のもと
慎重に実施
校長・教頭・教育委員会の女課長・学年主任にも直接ビデオ撮影のもと
聞取り調査している。学年主任は拓也君の仏壇の前で私や家族
そして学校PTA大勢の前で「拓也君の自殺は私の責任です
指導については学校・教育委員会も知っています。責任を取って
教師をやめます」
「学年集会で拓也君の前で裁判所・鑑別所・保護観察等々言って
追い込んだのは事実です私の責任です」
と言いました
と言明本人の承諾のもとビデオ撮影している
アンケート調査資料も学校に提出前に相当数の資料を遺族と私が
保管している
校長・教頭・元学年主任・教育委員会の女課長
世の中嘘は通用しませんよ
天罰が下ります、生徒・父兄は見ていますよ!!

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

たつの市御津中「指導死」事件 №2

2014.5.2 テレビ朝日「真実の行方」で放送、大反響

5.1 テレビ朝日スーパーJチャネル「真実の行方」で
 事件の真相を放送された
 
 素晴らしい凄い番組である

遺族から調査依頼を受け48日
・遺族からの聞取り
・関係者からの聞取り
・アンケート調査の裏付け
・御津中学生・卒業生からの聞取り
・学校関係者からの聞取り
※当事者に対する直当り
と遂一次々と調査を終了

本件の闇は深いが、奥底まで追求する
あの拓也君の自殺姿を心に焼きつけ
拓也君の無念を晴らすため
遺族の安堵心を得るため、一所懸命調査
真実を追求する

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

たつの市 御津中「指導死」事件

2014.5.1 万壽本拓也君は学校に殺されたのか

本年2月22日たつの市御津町御津の3階居室にて拓也君は
 首を吊った状態で父親に発見された
父親は119番急報して救急隊員の救急処置の指示に従って待つ
救急隊員到着時には、すでに死亡確認、警察へ通報、検死

拓也君は
 首には2本の違うロープ・ひも、口にはマスク・下腹部にはバスタオル
 足を折り曲げる背丈より低い位置での首吊り状態


1本目で失敗、2本を束ねて首を吊り、嘔吐・失禁による汚物処理の気遣い
背丈未満での苦しい体整での首吊り、相当な苦しみを伴う死
遺書には「人間しょせん1人・死ぬときも・生きるときも」
    「相談しても偽善者に何を言えばいいんだ」
    「ばあちゃんへ手伝い行けんでごめんな、これからも
     いけそうにないわ」

とある。拓也君を自殺に追い込んだ。殺した
 相談していた偽善者とは誰か・・・・・

本年3月14日遺族からの依頼を受け、大阪西成女医殺人事件現場
釜ヶ崎から急拠たつの市御津町の遺族宅へ赴き聞取る
即本件は御津中学校・たつの市教育委員会による(指導死)
と確信し絶対ゆるしがたい殺人容疑事件とし身命を懸けて
鋭意調査を実施真相を究明
昨夜の無念をはらす


2014050111

2014050110

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

三重県朝日町における中学生強盗殺人事件

2014.3.3 犯人は現場より500mに居住する高校生

3.2夜、三重県警特別捜査本部は、事件発生1ヶ月後から
 容疑者とし、現場、朝日町埋縄に居住する
 18歳の高校生を絞り込んで逮捕の機会を
 窺っていたが3.1高校を卒業、3.2鈴鹿市内のスーパーにて
 買物中の同人に任意同行を求め、取調べと同時に
 自宅の捜索し裏付を取り逮捕状により
、殺害された
 寺輪博美さん15歳に対する強盗殺人容疑で逮捕した
三重県警は18歳少年男性の逮捕状の発付を得て捜査中であった

本件は2013.8.25午後10時30分ごろ失踪29日午後2時ごろ
締殺死体で発見された。直後現場臨場、現場見分と周辺の
聞込みを実施、有力情報を入手し
 現場の土地鑑ある、顔見知りの犯行
 JR朝日駅使用の現場周辺の犯人の可能性大

と出演したテレビにコメントした
真にズバリであった

現場周辺の協力者より犯人に対する有力情報もあり、更なる
犯人の動向・被害者との関係・犯行の動機について調査中

真相究明が最大の再犯防止方策

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

富山県警察による少年殺人事件 №3

2013.10.25 遺族両親は必死に真実追求中

2013.1.3 富山市内の少年(18才)は4人グループに
ら致・監禁され金品を要求されたあと警察に助けを
求めたところ警察官は犯人グループに電話連絡
その直後少年は撲殺された
富山県警が少年を殺した

少年の両親は「我が子の無念」を晴らす為に
真実追求を開始する
富山県警の組織ぐるみの隠蔽工作により真実追求は
困難を極める

当時の富山中央警察の犯罪警察官⇒殺人幇助被疑者
 つるさわ課長・野口巡査部長・杉森巡査長・上田巡査長
は逃げ回り、少年の仏壇に手さえ合わさない

両親は私に助けを求める連絡あり。即富山へ赴き
WILL会場大阪へ同行、真実追求を強力に推進する
富山県議会予算特別委員会において自民党県議大野委員が
公安委員会・本部長に質問するが真実を隠蔽する
ただ少年に対して公安委員長・本部長に
「人間として手を合わせ謝罪する気持ちはあるか」
の質問には「謝罪したい」と答えるも1ヶ月が経過
本日まで何の謝罪なし
遺族はインターネット・家の電話・FAXを設置戦う姿勢を決める




テーマ : 日記
ジャンル : 日記

プロフィール

飛松 五男

Author:飛松 五男
在職時は殆どの期間で刑事警察に所属し、多種多様な事件を扱った。退職後に被害者相談に乗り、犯人を割り出したため、テレビや出版社の目に止まり、現在は元刑事の経歴を生かしたコメンテーターとして活躍している
飛松行政書士事務所 
 兵庫県行政書士会員
 登録番号05301341号
飛松探偵事務所
 兵庫県公安委員会
 第63090001号

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード