スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飛松五男のコラム

2012.1.10 犯人を殺すのは最大の証拠隠蔽

東京都台東区台湾人2女子留学生殺人事件の指名手配犯人
を愛知県名古屋中警察署へ任意同行中、警察署正面玄関
付近で犯人は果物ナイフで首を刺し自殺した

捜査中で逮捕前の被疑者の自殺は多い
犯人が自殺したら真相は判明しない
捜査中、容疑者とし追求、追跡中の対称者を死亡させる
ことは警察の最大の不祥事である


捜査は不惜身命・可惜身命が基本!!
命懸けで捜査し被害者、被疑者は生かすこと
犯人を死なせては永久に真相は判明しない

原因は警察が捜査の基本を厳守しなかったこと
自殺した犯人は指名手配されていた。目当り捜査の基本
任意同行の際、身許の確認と身体捜検

身許確認すればその場で逮捕
身体捜検すれば果物ナイフを発見、押収
その場で銃刀法違反で現行犯逮捕できる。
絶対自殺はあり得ない


警視庁指名手配、平田事件をもう忘れたのか
捜査の基本を厳守せよ!!
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメント

非公開コメント

プロフィール

飛松 五男

Author:飛松 五男
在職時は殆どの期間で刑事警察に所属し、多種多様な事件を扱った。退職後に被害者相談に乗り、犯人を割り出したため、テレビや出版社の目に止まり、現在は元刑事の経歴を生かしたコメンテーターとして活躍している
飛松行政書士事務所 
 兵庫県行政書士会員
 登録番号05301341号
飛松探偵事務所
 兵庫県公安委員会
 第63090001号

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。