スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飛松五男こコラム

2011.10.21 捜査機関押収証拠品、紛失の罪責

2002年、大坂、平野母子殺害、差し戻し審において
検察側は新証拠として
 警察官50人での吸い殻実験、動物の毛
を提出して有罪を主張している

2010年4月最高裁が「吸い殻はかなり以前に捨てられた
可能性があり、被告が事件当日にマンションに入った
とは認められない」と判断、残りの吸い殻の鑑定を求め
審理を大阪地裁に差し戻した

本件証拠品の72本の吸い殻のうち1本のみが
裁判に提出、残り71本が大阪府警察本部
平野警察署に証拠品として保管中のものが紛失
していると大阪府警が2010年7月地裁と弁護側に
伝える


警察での証拠品の保管は捜査担当者・捜査幹部・管理部門
(会計課、警務課)幹部・副署長・署長・捜査本部長(刑事部長)
本部長と決裁印を押し組織的に指揮命令のうえ
適法かつ適正に保管、出入れには必ず出入れ簿に決裁印を押して
指揮、命令を受け出入れするもので紛失は絶対あり得ない
システムとなっている
鑑定すべき71本の証拠品である吸い殻を紛失した
警察官は担当者だけでなく
 捜査幹部、管理部門幹部、署長、捜査本部長
 本部長、事件指揮した検事
まで責任がある


新たな証拠づくりは税金の無駄使い
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメント

非公開コメント

プロフィール

飛松 五男

Author:飛松 五男
在職時は殆どの期間で刑事警察に所属し、多種多様な事件を扱った。退職後に被害者相談に乗り、犯人を割り出したため、テレビや出版社の目に止まり、現在は元刑事の経歴を生かしたコメンテーターとして活躍している
飛松行政書士事務所 
 兵庫県行政書士会員
 登録番号05301341号
飛松探偵事務所
 兵庫県公安委員会
 第63090001号

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。