スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飛松五男のコラム

2011.7.23 警察官の天下り

警察官は法の番人、治安の闘志
 国民の身命と財産の保護と全体の奉仕者
退職後の再就職いわゆる天下りには責任と限界がある

東京品川美容外科、捜査資料流出事件において
逮捕された白鳥陽一警部は「警視庁をやめたら年収
1000万円雇ってくれ
」と天下りを約束していた

他2人の元OB警察官も事件がらみの天下り

安全協会、自家用協会、自動車教習所協会・・・・・
防犯協会、遊戯場協会(パチンコ協会)・・・・への
天下り、本当に必要なのか
事業仕分け、暴力団の資金源になっているのは事実

勤務規律の粛正を厳命していた、警務、監察、広報の
最高幹部が挙って、対象団体、企業に天下っている現実


一所懸命、国民の為奉職している現場の警察官は義憤を
もっている、努力し資格を取得し、余生を国民に恩返しすること
健全な天下りを願うのみ

スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメント

非公開コメント

プロフィール

飛松 五男

Author:飛松 五男
在職時は殆どの期間で刑事警察に所属し、多種多様な事件を扱った。退職後に被害者相談に乗り、犯人を割り出したため、テレビや出版社の目に止まり、現在は元刑事の経歴を生かしたコメンテーターとして活躍している
飛松行政書士事務所 
 兵庫県行政書士会員
 登録番号05301341号
飛松探偵事務所
 兵庫県公安委員会
 第63090001号

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。