スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飛松五男のコラム

2015.1.29 国民の信頼が警察活動の原点

警察の捜査が行き詰り、新しい捜査手法導入が取り沙汰
され、GPS捜査・おとり捜査が現実に実施されている。
大阪地裁の判決でGPS捜査が容認された。

GPS捜査・おとり捜査・Nシステム・防犯カメラ映像の活用等々
国民のプライバシーに関する規制を裁定・クリアすることなく
容易な捜査手法が我々の日常生活に潜入している。
非常に危険なことである。済し崩し的プライバシーは侵害される。

警察は基本的捜査活動を愚直に実行することなく、検挙率
低下・重大、凶悪事件の未解決を捜査環境の悪化を理由に
違法捜査を次々と強行、裁判所をもこれを認める愚判決。
今後、国民のプライバシーはゼロに近いものとなる。

反面最近の警察の犯罪は底なしである
 大阪府警の愛人殺人事件
 全国各都道府県警、警察官の窃盗・セクハラ・パワハラ事件
警察の犯罪は凶悪・悪質・巧妙・潜在化して増加している。


警察は全ての警察活動を愚直に実行して、国民の信頼を得る
ことが警察の使命を完遂することである。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

飛松 五男

Author:飛松 五男
在職時は殆どの期間で刑事警察に所属し、多種多様な事件を扱った。退職後に被害者相談に乗り、犯人を割り出したため、テレビや出版社の目に止まり、現在は元刑事の経歴を生かしたコメンテーターとして活躍している
飛松行政書士事務所 
 兵庫県行政書士会員
 登録番号05301341号
飛松探偵事務所
 兵庫県公安委員会
 第63090001号

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。