スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飛松五男のコラム

2014.7.10 兵庫県警、何故自殺に追込む

7.9兵庫県警、組対の捜査員が姫路の元暴力団員
吉岡進(52才)の捜査中、逃げられ、病院に立てこもられ
けん銃自殺された。

身近捜査・所在捜査の基本を一切守らず、けん銃所持
のまま逃げられ、捜査員の目前で命を絶たれた。

4時間も説得して、けん銃自殺されたとは、担当捜査員は
人間性皆無・責任を取って即腹を切れ。

暴力団員は必ずけん銃所持しているのが常識
吉岡進については、その風評はあったはず
身体捜検もせず、説得も出来ない組対刑事
大きな顔をして街を歩くな、悪徳・オカマ刑事は
不要

いつまで続く兵庫県警の犯罪・不祥事
事件の真実検証が再犯防止方策
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

飛松 五男

Author:飛松 五男
在職時は殆どの期間で刑事警察に所属し、多種多様な事件を扱った。退職後に被害者相談に乗り、犯人を割り出したため、テレビや出版社の目に止まり、現在は元刑事の経歴を生かしたコメンテーターとして活躍している
飛松行政書士事務所 
 兵庫県行政書士会員
 登録番号05301341号
飛松探偵事務所
 兵庫県公安委員会
 第63090001号

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。