スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飛松五男のコラム

2013.7.31 基本捜査を厳守すれば誤認逮捕なし

大阪府警 北堺署誤認逮捕事件は当然であるが
 起訴取り消し処分
となった

何故誤認逮捕が惹起されたのか
 捜査の基本を厳守していないこと
 チェック機能が皆無であったこと
である。警察は組織体である


全て事件捜査には基本があり組織により指揮伺い指揮
命令され容疑者・容疑者特定・逮捕状請求・逮捕・留置
送致(勾留請求)と、その都度伺いを出し決裁している

捜査担当者のみでの誤認逮捕は絶対起こらない

大阪府警の刑事部の中枢部の刑事総務課参事・管理官・調査官に
あの嘘つき西成警察署刑事課長の富山警視・又野警視・井上警視
無能歴代刑事課長が栄転しているから当然起きている

大阪府警の犯罪は起こるべくして起こる
続発の可能性大
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメント

非公開コメント

プロフィール

飛松 五男

Author:飛松 五男
在職時は殆どの期間で刑事警察に所属し、多種多様な事件を扱った。退職後に被害者相談に乗り、犯人を割り出したため、テレビや出版社の目に止まり、現在は元刑事の経歴を生かしたコメンテーターとして活躍している
飛松行政書士事務所 
 兵庫県行政書士会員
 登録番号05301341号
飛松探偵事務所
 兵庫県公安委員会
 第63090001号

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。