スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪西成女医殺人事件 №224

2013.7.22 ビラ配りの真実 B

2009年11月14日夜、大阪市西成区鶴見橋商店街、くろかわ診療所内で
勤務中の矢島祥子医師が突然失踪し捜索中の16日午前1時ごろ木津川
千本松渡船場にて水死体となり釣り人により発見された

釣り人2人は、すぐ警察に急報、現場臨場した制服警察官は施錠された
千本松渡船場の高さ2mの鉄糸網付の鉄柵ドアを飛び越え様としたが
現場に行けず施錠を切断して矢島祥子医師の水死体を見分、首付近の
絞殺様の傷も釣り人が鎖で引き揚げ時の傷と事実無根の事実を
捏造して、更に家族に事情聴取することなく「自殺した可能性がある」
と即断した死体発見時は捜索願いが出ており当然緻密な捜査・検死が
必要であった

勤務先のくろかわ診療所、所長は自ら失踪時、捜索願いを警察に提出せず
水死体発見後、検死に立会いすることなく全てを遠い群馬県高崎市の両親に
判然としないファックス通信するのみで何の真相究明をしなかった
当初、真相究明は所長が職員とともに責任をもってやる旨を
遺族に伝えたが失踪から水死体となり発見されても上司・雇用者・
一緒に仕事をしていた者としての真実の追求は一切せず
現在は殺害された矢島祥子医師を冒涜している、何故なのか?


ビラ配りは矢島祥子医師殺害の真相究明と併せて矢島祥子の生き様
の真実をも追求している。それが事件の真相解明となるからである
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメント

非公開コメント

プロフィール

飛松 五男

Author:飛松 五男
在職時は殆どの期間で刑事警察に所属し、多種多様な事件を扱った。退職後に被害者相談に乗り、犯人を割り出したため、テレビや出版社の目に止まり、現在は元刑事の経歴を生かしたコメンテーターとして活躍している
飛松行政書士事務所 
 兵庫県行政書士会員
 登録番号05301341号
飛松探偵事務所
 兵庫県公安委員会
 第63090001号

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。