スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尼崎連続変死事件「警察の闇」

2014.4.20 警察の検証に真相はない

尼崎連続変死事件について香川県警・兵庫県警がそれぞれ
 相談たらい回し・被害届受理せず・連携不足を不手際
として謝罪した。警察庁からの公表なし

検証の結果を見ると肝心なことが欠落している
・相談を受けた⇒相談簿作成・幹部への報告・活動簿の確認
・被害申告の場合⇒被害届作成が基本⇒幹部署長・本部・警察庁
・連携⇒警察は階級社会・強大強固な縦の組織社会

これが基本、本当の検証であれば

警察庁長官・刑事局長・捜査第一課長・審議官・出向の警部
兵庫県・香川県本部長、県捜査第一課、管理官は責任を取り
即刻クビ、責任の程度により逮捕して取り調べ真相究明
するのが基本


警察組織は軟でない、28万の警察官は強大である

警察庁刑事局捜査第一課には殺人・変死について全国警察からの
報告があり当時篠原審議官がおり全国各都道府県警からの
報告を兵庫県警から出向したあの正木警部が報告を受理していた

正木警部は姫路バラバラ事件の不祥事を起したのに警部に昇任
警察庁に出向、現在兵庫県警捜査第一課捜査主任官をしている怪
処分出来ない、真相の検証が出来ない、警察の闇
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメント

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

飛松 五男

Author:飛松 五男
在職時は殆どの期間で刑事警察に所属し、多種多様な事件を扱った。退職後に被害者相談に乗り、犯人を割り出したため、テレビや出版社の目に止まり、現在は元刑事の経歴を生かしたコメンテーターとして活躍している
飛松行政書士事務所 
 兵庫県行政書士会員
 登録番号05301341号
飛松探偵事務所
 兵庫県公安委員会
 第63090001号

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。