スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飛松五男の「なぜ警察官の犯罪がなくならないのか」 №9

2013.2.12 警察内外での評判 良好

連休中、警察OB・元同僚・協力者と千客万来

話題の中心は、私の発売中の本
「なぜ警察官の犯罪がなくならないのか」
に集中する

警察OB幹部
 「飛さんやったら、まだズバリを書いてない、遠慮しとるな
 やっぱ警察の子や」「飛さんしか書けへんのやからなあ」
 「是非続編のズバリそのものを書いてほしい」
飾磨署の元同僚
 「あの留置場事故や交通事故無茶苦茶な処置やった
 若い優秀なTやHがやめ、悪のHやNがやめず署長までなり
 飛さんが当事者の暴力団や同房者を調べ全部しっとるからな」
 「飾磨のことをズバリ書いてほしいな、実名そのもので」
協力者
 「警察のタカリ体質は今でも一緒・最近も集金に来た」
 「ズバリの本を書いてほしい是非実名を出してほしい」

等々厳しい注文を戴いた

一部脅迫電話あるも大部分の評判は良好であった
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメント

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

飛松 五男

Author:飛松 五男
在職時は殆どの期間で刑事警察に所属し、多種多様な事件を扱った。退職後に被害者相談に乗り、犯人を割り出したため、テレビや出版社の目に止まり、現在は元刑事の経歴を生かしたコメンテーターとして活躍している
飛松行政書士事務所 
 兵庫県行政書士会員
 登録番号05301341号
飛松探偵事務所
 兵庫県公安委員会
 第63090001号

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。