スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和歌山偽装殺人事件 №1

2012.12.20 和歌山県警、殺人容疑で告訴受理

2011.8.26 午前0時和歌山市内マンション内において
34歳の男性がロープで首つり自殺の死体で発見された

警察の連絡で両親は現場急行、息子はすでに冷たく
死亡していた。警察官6名は何の事情も説明せず

10分後に現場到着したF警部補は現場見分、検死
することなく「自殺や」と何の根拠・説明なく一方的に
決めつけた。自殺の原因、理由も聞かず

遺族は納得せず、色々な調査し弁護士に依頼する
2012.9.9 私に調査依頼あり
・自殺の原因理由はあったのか⇒何にもない。遺書もない
・ロープでの自殺は可能なのか⇒不自然、現場でロープ
 (ロフトからつり下げ座った状態) さえ見せてくれない
・現場で盗難にあったものは⇒現金が21円のみ、通帳なし
・生命保険は⇒一部すでに支払い済み、他にもあり
調査すればする程、自殺の可能性が消え、事件性あり

両親、他調査員協力のもと現場見分を実施する
ますます事件性が強くなり、関係者とF警部補
の言動が不自然となる


法医学の上野正彦先生・山本啓一先生に関係資料を提示
説明、見解を聞くと
 自殺は不自然
 首・首付近に傷あり
の意見書を頂く

状況・現場見分・法医学的からも事件性あり
との結果から

2012.12.6 遺族両親・弁護士、私の5人が
管轄の和歌山北警察署ではなく和歌山県警察本部
へ赴き

本件は自殺ではなく、自殺を装った殺人事件である
として告訴状と一緒に関係書類を添付して刑事告訴した


2012.12.19 和歌山県警察本部、捜査第一課員が遺族
両親より以前押収、返されたロープ他パソコン
携帯電話の任意提出を依頼、領置した
捜査員は
「一からやり直して捜査する」
旨を遺族に伝えた
本日新聞各紙が報道(共同通信配信)
18時テレビ朝日スーパーJチャンネル
「真実の行方」にて放送
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメント

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

飛松 五男

Author:飛松 五男
在職時は殆どの期間で刑事警察に所属し、多種多様な事件を扱った。退職後に被害者相談に乗り、犯人を割り出したため、テレビや出版社の目に止まり、現在は元刑事の経歴を生かしたコメンテーターとして活躍している
飛松行政書士事務所 
 兵庫県行政書士会員
 登録番号05301341号
飛松探偵事務所
 兵庫県公安委員会
 第63090001号

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。