スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋田2児童連続殺人事件

2015.5.18 事件発生から10年目

事件発生から10年
 事件の真実は解明されたのか
現場の
 秋田県山本郡藤里町、能代市二ツ井町
へ臨場、10年目調査活動中

本当に真実は判明したのか、調査を実施すればする程
真実は闇のなか。


本日、よろず相談者が本年3月26日発行の週刊文春の
小野一光氏の記事を示して話する。
 民放のDr→当時から今でも母理津子と交流あり
 (吉井さん仮名) 鈴香容疑者との状況が記載されているが
 出入りしていた人→父の仕事場でダンプ運転手
 (吉井さん仮名) 事件直後切石の実家で相談に乗っていた人
等々の取材結果あり、当時を熟知した者の1人として
犯人側のみの事実であった。

Dr最初の取材?その後の取材?

被害者側・犯人側・目撃者・医者・犯罪心理学者等々
公平に取材する必要がある。それがマスコミの精神
犯人鈴香の取材状況、被害者への取材、関係者への取材
当時のマスコミは全て「鈴香は冤罪」と言っていた事実
何が真実は今でも闇!
スポンサーサイト
プロフィール

飛松 五男

Author:飛松 五男
在職時は殆どの期間で刑事警察に所属し、多種多様な事件を扱った。退職後に被害者相談に乗り、犯人を割り出したため、テレビや出版社の目に止まり、現在は元刑事の経歴を生かしたコメンテーターとして活躍している
飛松行政書士事務所 
 兵庫県行政書士会員
 登録番号05301341号
飛松探偵事務所
 兵庫県公安委員会
 第63090001号

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。