スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

洲本5人刺殺事件 №3

2015.3.12 兵庫県警の組織ぐるみの犯行

事件直後2日間にわたり、現場臨場し以前の加古川
7人殺し他警察捜査ミス事件を現に体験・取材した結果の
判断から本件は
①犯人はインターネットで30人以上の殺人予告して個人名を
列記、写真まで特定し、そのなかの5人を殺害している事実から
警察庁・兵庫県警のサイバー犯罪捜査員の捜査怠慢・捜査ミスは
明白である。サイバ犯罪捜査は警察捜査の目玉で多額の予算
請求している

②警察の基本活動である巡回連絡・警ら・立番を一切せず
住民の相談を一切聞いて処理しない。中川原駐在所の
巡査部長の報告を洲本署の在所幹部・課長・生活安全・刑事課課長
副署長・署長、警察本部刑事部捜査第一課長、生安部長・本部長
とも報告ありながら一切の処置をせず5人が殺された事実

③加古川7人殺人事件以後、日本警察史上最大の捜査ミス
捜査怠慢を敢行した兵庫県警が警察庁の厳命により
その都度、基本活動・基本捜査を実施し、再犯防止方策は
一切の効果はない。現兵庫県警ノンキャリア最高幹部は
これらの不祥事の関係者である。
角田事件・神戸小1殺人事件・今回の事件とも捜査第一課の
担当警察官は姫路2女性バラバラ殺人事件の不祥事張本人
捜査員で歪曲捜査・嘘つき捜査員でクビどころか昇任・栄転している

④奇しくも当該事件の弁護士が西成事件で一緒であった
兵庫県一の高木弁護士である

本件は兵庫県警の組織ぐるみで5人を殺害したも
当然である。
スポンサーサイト

洲本5人刺殺事件 №2

2015.3.12 5人は警察が殺したと同然!!

3.11 再度現場臨場した。
 現場周辺の住民は
・9回も警察に届出・110番通報しているのに何もしていない
・駐在所の警察官は1年前に来たが巡回連絡に1回も来ていない
・子供が小学1年になるけど子供の母親同志の話すらない
・前の駐在の山下さんは色々と話を聞いてくれ良い駐在さんやった
・尼崎に転勤した1年前の4月頃あいさつにも来てくれる様な親切な人や
・駐在所の近くやのに何もせず、本署(洲本署)も何もしてくれない
・私らにも「殺す様なメール」が書いてあったのに何が警察やと
警察に対する非難と批判が多く最後に
「5人とも警察が殺した」
「マスコミは読売新聞以外何で警察の本当のことを報道しないんや」

周辺住民は
「この度5人殺されたのは何もしない警察のせいや」
と相当怒っていた。

DSCF2003.jpg
DSCF2004.jpg
DSCF2010.jpg
DSCF2001.jpg
DSCF2014.jpg

洲本5人刺殺事件 №1

2015.3.10 事件の真相

3.9 兵庫県洲本市中川原町中川原の民家2軒で5人が
刺殺され、近所の無職平野達彦40歳が殺人未遂の疑いで
逮捕、容疑は認めているも「弁護士が来たら話す」と詳細は
弁護士に話している。
現場取材するに、本件は
①容疑者平野達彦について父親はじめ家族・近隣者から
 要注意者としてマークされ、警察にも通報していた。
②殺害された被害者が市役所・弁護士・警察に「容疑者から
 ネット攻撃されている」と相談している。
③警察の巡回連絡が実施されていない。
 等々から警察の捜査怠慢、捜査ミス、警察の基本活動の
 欠如など明白な法律・規律違反の犯罪行為がある。

同様の事件は兵庫県加古川市志方町の7人殺しがあり
その際でも兵庫県警では「巡回連絡」近隣情報により
管内実態把握を実施して再発防止を指示・教養した。

その後も兵庫県警は警察の不祥事のオンパレード
一切の検証することなく、警察の犯罪を繰り返した者が
処分・処罰されることなく昇任・栄転して幹部となり中枢部にいる
摩訶不思議な組織である。今後とも同様事件は続発する
可能性大である。

和歌山県紀の川、小5男児刺殺事件

2015.2.9 刺殺事件の真相

事件発生以来、和歌山県警の基本を踏まえた懸命の捜査・捜索
により、スピード逮捕となった。

久久に警察捜査の基本に忠実・かつ現場第一がスピード解決と
なり、周辺住民の安心・安全が確保された。


事件発生直後、現場臨場もしない・事件捜査経験もない
警察OB・コメンテイターと称する者の責任ない、途方もない
事件の筋読み、真相を放送していたが、和歌山県警は無責任
放送を一切無視、寒風のなか愚直に捜査・捜索している姿を直視した。

事件発生直後より現場入り、犯人逮捕、その後の継続捜査・捜索する
個々の活動には素晴らしいものがあった。

事件の背影についても、警察は犯人と被害者との関係・動機など
すでに挙握している。

今は被害者、森田都史君の冥福を祈り 合掌














京都、向日市、筧千佐子による連続毒殺事件 №2

2014.11.25 事件の真相と報道の闇

2013.12.19京都・山科での「王将」社長射殺事件の頃
本件は発生、京都府警の俊敏な優秀刑事により事件
解明の鋭意捜査が継続中であった。

現場捜索・関係捜索・関係者聞込み・筧千佐子容疑者
身近捜査・所在確認等々嘗める様に捜索して証拠品採取
這いずり廻り関係者からの情報収集、4・6時中の筧千佐子
容疑者の行動確認して、真相解明のため強制捜査開始する。
現在毒物で本件の最大の証拠品である青酸化合物同一性
鑑定のため兵庫県佐用町のスプリング8での精査中。

京都府警の本件捜査は基本を忠実に厳守、真実解明に邁進
近日中に筧千佐子容疑者は京都府警に自供する。

報道するテレビを中心とするマスコミは御都合主義の取材と
警察不良捜査関係者からの垂れ流し情報と、現場を無視した
番組編集により歪曲事実のやらせ番組を毎日報道している。
視聴者は騙され続けている。

真実は現場から、現場には真実が必ずある。
マスコミは現場臨場して真実を報道せよ。
雑誌記者に学べ。テレビのDr・リポーター真実追求のリアリティ
のある報道。
本日も現場臨場して真実を追求する。
プロフィール

飛松 五男

Author:飛松 五男
在職時は殆どの期間で刑事警察に所属し、多種多様な事件を扱った。退職後に被害者相談に乗り、犯人を割り出したため、テレビや出版社の目に止まり、現在は元刑事の経歴を生かしたコメンテーターとして活躍している
飛松行政書士事務所 
 兵庫県行政書士会員
 登録番号05301341号
飛松探偵事務所
 兵庫県公安委員会
 第63090001号

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。