スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飛松五男のコラム

2015.4.7 地方議員の重要性

国会議員と市会議員の間にある県会議員は本当に
必要なのか、特に兵庫県会議員は
 あの野々村議員の号泣説明会見から一連の
 政務活動費の不正・不法使用が捜査され、その
 事実が報道され、30人の県議や元県議が現実に
 2500万円返還した

のに関係議員の大部分が何の臆面もなく立候補している。

日本中が兵庫県民の選択を注目している。
兵庫県県議員と言えど日本国内の自治体であり
必要であり、県会議員も絶対必要である。

兵庫県議会が本来の機能がなければ、行政つまり
役人(公務員)に権限が集中、やりたい放題、チェック
機能が皆無となる。

自からのくらしの為、兵庫県のため是非正しい投票し
正しい決断を下そう!!
スポンサーサイト

飛松五男のコラム

2015.2.19 なぜ警察の犯罪はなくならないのか

2.19
小学4年女児を誘拐未遂で逮捕 群馬県警渋川署
2.14
千葉県内での連続強盗致傷事件 警視庁巡査長
2.13
不倫中の女性を絞殺した事件で起訴 大阪府警阿倍野署
11.14
セクハラ相手に対する示談金恐喝事件 京都府警19才巡査
11.2
酎ハイがぶ飲みで交通取締り 埼玉県所沢署

警察官の犯罪は一般の犯罪より凶悪で悪質である
報道されるのは氷山の一角である。更に警察が知り得る事件も
一握りである。
大部分が犯罪警察官により揉み潰される。

現在、私のよろず相談所には「警察官の犯罪」の相談が1年に200件以上ある
更には現職警察官・OB警察官からの家庭内・仕事上の相談も相当多い
いずれも常識を逸脱した、犯罪行為である。公表したら何百人かクビになり
警察は壊滅する可能性ある。上から下まで!!
なぜ警察官の犯罪がなくならないのか
一言で言えば、警察組織が真剣に取り組んでいないこと
・事件の真実の検証を真摯に実行する
・真相を全て公開すること
・マスコミは真実追求取材・国民に知らすこと
・国民も真実を知り警察を看視すること
を強行しないと警察官の犯罪は激増する。
警察の犯罪は今も敢行され、今警察官が国民を殺している!!

飛松五男のコラム

2015.1.29 国民の信頼が警察活動の原点

警察の捜査が行き詰り、新しい捜査手法導入が取り沙汰
され、GPS捜査・おとり捜査が現実に実施されている。
大阪地裁の判決でGPS捜査が容認された。

GPS捜査・おとり捜査・Nシステム・防犯カメラ映像の活用等々
国民のプライバシーに関する規制を裁定・クリアすることなく
容易な捜査手法が我々の日常生活に潜入している。
非常に危険なことである。済し崩し的プライバシーは侵害される。

警察は基本的捜査活動を愚直に実行することなく、検挙率
低下・重大、凶悪事件の未解決を捜査環境の悪化を理由に
違法捜査を次々と強行、裁判所をもこれを認める愚判決。
今後、国民のプライバシーはゼロに近いものとなる。

反面最近の警察の犯罪は底なしである
 大阪府警の愛人殺人事件
 全国各都道府県警、警察官の窃盗・セクハラ・パワハラ事件
警察の犯罪は凶悪・悪質・巧妙・潜在化して増加している。


警察は全ての警察活動を愚直に実行して、国民の信頼を得る
ことが警察の使命を完遂することである。

飛松五男のコラム

2015.1.26 戦友との連携

40年の警察官時代・10年のジャーナリストを通じて
多くの知人・友人・協力者との交流を継続
基本は誠実を旨とし、常時義理と人情をもって
交流してきた。

今、全世界が注目している「イスラム国」人質事件の
キーポイントを握るジャーナリスト常岡浩介さん

理研内におけるES細胞窃盗事件で告発記事の
大スクープをした、ジャーナリストの津田哲也さん

2人とも凄いジャーナリストであり、私が常時力説する。
現場第一主義者である。取材も正攻法そのもので
常に真正面から適正である。
日本国の正義を完遂するため精進してほしい。


本日、津田哲也さんの依頼を受け、告発人石川智久先生と
一緒に兵庫県警神戸水上警察署に小保方晴子さんを窃盗で
告発に赴く。

素晴らしい戦友に感謝!!

飛松五男のコラム

2015.1.5 平成27年の抱負

齢70歳にして、今ぞ知る、まことの人生

 風恬らかに浪静かなる中に人生の真境を見る
 味淡く声稀なる処に 心体の本然を識る

洪自誠は言う
 波風はおさまってあたりは静か。そんなときにこそまことの人生がある
 淡白な飲食の風味、ときたまのかすかの物音、そのなかにいてこそ
 わが本心に立ち返る。

激しい波風にもてあそばれつつ、一瞬の油断もなく、舵をとり
帆を操らねばならなかった現役時代、思えばよくも乗り切って
きたものだ。
だがもはや瀬時がきた。競争の渦から身をひいて、思いのままに
生きる平穏と自由をわがものとしようではないか。

仕事。家庭生活・地域のなかなど全てに客観的の物言を見たい
考えたいもの。













プロフィール

飛松 五男

Author:飛松 五男
在職時は殆どの期間で刑事警察に所属し、多種多様な事件を扱った。退職後に被害者相談に乗り、犯人を割り出したため、テレビや出版社の目に止まり、現在は元刑事の経歴を生かしたコメンテーターとして活躍している
飛松行政書士事務所 
 兵庫県行政書士会員
 登録番号05301341号
飛松探偵事務所
 兵庫県公安委員会
 第63090001号

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。