スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

加西女教師殺人死体遺棄事件の真相 №5

2010.6.11 現場100回
失踪した加古川市内の居住マンション
殺害現場の倉庫、加西の休耕田の遺棄現場
を見分する。現場は嘘をつかない
児玉京子先生の無念を晴らしたい気持ち
1つでも多くの真実を究明し
裁判員裁判の備えたい

22061002
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

加西女教師殺人死体遺棄事件の真相 №4

2010.6.10
裁判の日程が決まる
加西女教師殺人死体遺棄事件の被告人
平間洋臣に対する裁判員裁判の日程が

1日目 2010年8月2日 月曜日
2日目 2010年8月3日 火曜日
3日目 2010年8月4日 水曜日
判決  2010年8月6日 金曜日

と決定

神戸地方裁判所 姫路支部

である

警察、検察の捜査は真相の追求をしたのか
被告人 平間洋臣は真実を語るのか

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

加西女教師殺人死体遺棄事件の真相№3

2010.6.8
児玉京子先生が失踪直後、加古川中学校から
連絡を受けた両親は即刻、加古川警察署へ
届出る。翌日私に相談、捜索依頼あり

すぐにマンションを見分、事件性ありと即断
失踪時、同一行動をした平間洋臣の実家へ急行
捜索、同人からOのアパートで居る旨連絡
加古川警察係官と急行。ドアさえ開けない警察

初動捜査ミスの繰り返し
何もしない警察!! 追求する私と両親
平間と対決を続ける私達。捜査しない警察!!
平間の供述は転々とする。何の追及もしない警察!!

初動捜査ミスから証拠隠蔽 ウソを言う
歪曲捜査を続ける警察


平間を調べない警察。遺体を発見身許が
児玉京子と判明するも捜査しない警察
マスコミにも偽疑事実をリークする
警察に正義はあるのか
姫路2女性バラバラ事件、捜査本部主任官
(当時松本警部)そのまま警視昇任、調査官、管理官
次席と栄転している。この事件も同じ構図

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

加西女教師殺人死体遺棄事件 №2

2010.6.6
加西の休耕田から遺体が発見され、身許が
失踪中の児玉京子さんと判明してから1年

犯人平間洋臣は当時、姫路警察署に女性を
恐喝した容疑で逮捕、勾留中


私は両親から依頼を受け調査、依頼直後
「児玉京子さんは殺害されている。犯人は平間洋臣である」
と警察に通報していた

警察は全然捜査せず、犯人平間洋臣を別件で逮捕
勾留中「児玉京子さんの件を一切捜査せず」


身許発見後も捜査本部は
「平間は関係ない。大阪方面へ逃走して行方不明」
とマスコミにリークし。それをNHKは放送した
そのとき私は平間の自宅で平間と対決
ビデオ収録一部をTBS報道特集NEXTで放送

殺害現場の「白いセルシオ」は姫路警察と暴力団員が
処分、判然とせず→闇は深くなる
№2の殺害現場「脱穀倉庫」は私が発見
捜査本部、被害者対策D警部補に遺族を通じて情報提供
私の多くの情報により事件解決したのは事実
現在、裁判員裁判を目前に公判前整理中

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

加西女教師殺人死体遺棄事件の真相 №1

加西女教師殺人死体遺棄事件の真相 №1

被害者児玉京子先生の遺族両親と会う
事件の真実は何だったのかを語る
帰するところ教育委員会の虚偽報告
警察の捜査怠慢、捜査ミスの繰り返し
基本通りの報告、捜査をしていれば京子先生は
殺されていない。

警察と教育委員会が京子先生を殺した
捜査しない警察、嘘八百の教育委員会
逮捕前、私が対決した犯人平間洋臣は
「殺して田圃に埋めた日に飛松さんや京子先生の
両親に追求された。加古川警察で全然調べられず
4月姫路警察に逮捕されたが、ひとつも調べられなかった」
と話す。

私は相談直後より、平間洋臣を犯人として捜査
加古川警察に捜査依頼したが、加古川警察、教育委員会
加古川中学校は結託して
「児玉先生は金を使い込み逃走、遺族が匿っている
生きている。平間は関係ない。」
と説明、全然捜査しなかった。

2009年4月27日姫路警察署において平間洋臣が
DVをした夫に対する恐喝容疑事件で逮捕勾留され
取調べられたが児玉先生失踪については一切捜査せず

2009年5月18日遺体発見、児玉先生の身許判明するも
全然捜せず、ウソウソウソウソウソ・・・・・の繰り返し
マスコミに「平間洋臣は大阪方面へ逃走して行方不明」
と自宅に居るのを確認しているのに事実を歪曲。
当時私が平間洋臣に会ってインタビューしている。
捜査本部には何の情報もなかった。
遺族を通じて、有力情報は私からのものばかり
犯行使用車両セルシオ、犯行現場の倉庫、犯行動機
全て合致。
平間洋臣のインタビュー共犯者川又徹、坂本健太
の公判で判明する。

両親は警察に対して
何故、早く捜査をしてくれなかったのか残念!!
お互いに40年以上も警察に奉職してたのに
誠意の一欠けらもない。
加古川中学校、教育委員会に対して
何も知らない私達に大勢で査問委員のごとき糾弾をやり。
虚偽報告ばかり。
教育者でありながら京子の命をどう思っているのか

最後に、京子の名誉と命は返ってこない。
すべて裁判で真実を明らかにしてほしい。
と穏やかに話してくれた

警察の闇、加古川中学校、教育委員会の壁
真実は必ず明白となる。

テーマ : 現場レポート
ジャンル : テレビ・ラジオ

プロフィール

飛松 五男

Author:飛松 五男
在職時は殆どの期間で刑事警察に所属し、多種多様な事件を扱った。退職後に被害者相談に乗り、犯人を割り出したため、テレビや出版社の目に止まり、現在は元刑事の経歴を生かしたコメンテーターとして活躍している
飛松行政書士事務所 
 兵庫県行政書士会員
 登録番号05301341号
飛松探偵事務所
 兵庫県公安委員会
 第63090001号

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。